My Fortnight's Dairy

ようこそ私の日記に。ダイビングや旅行を中心に思いついた事柄をつれづれに書き綴ります

タグ:天文学

イメージ 1
私は自分ではかなりの傾倒したJALファンであると自認しているのだが、JALが倒産して持ち株が無価値となり、痛い目にあいながらも、叉性懲りもなくJALの株を買って(2012年09月17日付ブログ)また損をしながら、せっせと機会ある毎にJAL便を利用している。

おかげでマイレージは溜まるのだが、これを利用して特典航空券に変えダイビングに行こうとすると路線が縮小されているため中々難しい。

前回はバリ島とメナドに行くのに
大阪/成田/クアランプール/バリ島/マナド/ジャカルタ/成田/大阪と
複雑なルートとなって(2011年9月26日付ブログ)、重い荷物を抱え移動に苦労した。

今回もJALの特典航空券を利用してのダイビングを考えたのだが、
やはりいい所が見つからず、人が多すぎて好みではないのだが、
ハワイへそれも一番東端のハワイ島まで行けば人も少なくていいのではないかとハワイ島行きを決定したのだ。


確かに人が少なそうだ。 いやダイバーだけが少ないのであろう。
出発一週間前になってもダイビングショップからは催行するかどうか分からないとの連絡。

やっと、2,3日前になって私が希望する4日間の内2日間は催行するとの事。

最近、ポンペイ島もマーシャル諸島も私一人の贅沢なダイビングが続いており、芋の子洗うようなダイビングは御免だ。
でも催行しないのはもっと困る。

この季節寒いからかダイバーは集まらないのか。 ホエール、イルカ、マンタウオッチなどもあるのに!

でもダイビングが少なくなってもこの島には私が好きな火山がそれも活火山があるのだ。

勿論、今回、マウナ・ケアでの天体観測、キラウエア火山ツアーなど予定に入れているが、もし、ダイビングがだめになり、何度も行くことになっても大丈夫だ。

どんなハワイ島ダイビング行きになるやら・・・結果は帰国してから報告します。


さて、昨年末頃から円安・株高が加速している。

25日には日経平均は前日比305円(2.88%)高の1万0926円となり、5営業日ぶりに1万0900円台を回復し、昨年来高値を更新した。
週間ベースでは1971年2~4月以来となる42年ぶりの11週連続の上昇だという。

円安も進んでいる。
ドルとユーロに対し1ドル=90円、1ユーロ=120円の節目を越えている。


政府・財界の誘導の円安と言われるが、日経新聞の記事を拾い読みすると

為替市場における円と外貨の需給関係に変化が出てて、
「日本の貿易赤字が定着したこともあって、輸出に伴う外貨の売りよりも、輸入に伴う外貨の買いが目立つ」ためだという。

日本の外貨準備が着実に減少しだし、時価評価を導入した2000年以来初めて、12年末の残高は前年末を277億ドル下回った。

1980年代以降は経常黒字の下で、ドル余剰が基本だったものが、11年3月の震災でガラリとその風景を変えてしまった。

日本は貿易赤字となり、経常黒字が縮小し、一方で、対外直接投資が拡大し、
いきおい、ドルの売り手より買い手の方が多くなり、ドル不足が発生しているのだという。

今後も外貨不足が続くとみられ、外貨準備は減少傾向をたどり、今やドル不足は需給面からドル買いの材料となりやすい。
との事。

先日も2012年の日本の貿易赤字が6兆9300億円と前年比3倍近くに達し、過去最大となったとの報告があったばかりだ。

24日に発表された貿易統計では、日本の貿易収支が急激に悪化している実態が明らかになった。
昨年12月の輸出は前年同月比5.8%減だったのに対し、輸入は同1.9%増加している。

尖閣諸島問題を巡る日中関係の悪化で、対中輸出は15.8%減少し、
対欧米でも落ちている。

しかも輸入は原子力発電所の稼働停止に伴い、LPGなどの燃料輸入が大きく増えているのだ。


我々から見ると、国力が低下しため円安は必然的なものと理解するが、通貨の高低は、一方がよくなれば他方は損をすると言う面があるため、海外では色々不協和音出てきている。

他人の行動が自身の損につながり、相手の優位をそぎたいとき、外交では色々理由をつけて要人の発言がされるものだ。

米自動車大手3社は「近隣困窮政策」と批判し、ドイツのメルケル首相や同国連銀のワイトマン総裁らも「日本の現状をみれば、全く懸念がないとは言い切れない」と名指しで牽制したという。


「過度な円高の修正」と日本の言い分を発信しているようだが、世界の理解を得られるように日本の立場や状況をよく説明する必要があると思う。


しかし、5年間に及ぶ円高で競争力が低下した製造業を支援するために需要を回復させ、一方、エネルギーの輸入コスト高騰を回避しなくてはならない日本は円安一筋でというわけでなく、どこかにいい心地よいところがあるのであろう。

政府はこれを両立させる至難の業を求められている。


安倍さん、私はハワイ島へダイビングに行ってきますが、難しい舵取り宜しくお願いいたしますよ!

イメージ 1
本年初めからパラオへダイビングに行った時話題になったのが「南十字星」であった。

折角南の島に来ているのだから「南十字星」をじっくりと見てみようということになった。

パラオ最後の日、早朝ダイビングで4時に起き、5時には波止場に着いて見上げた南の真っ黒な空には満天の輝く星でそれは見事なものだった。

しかし、余りハッキリせずガイドに教えて貰ったが、「ニセ十字」と間違え易いからと言いながら指差す方向を探すと薄っすらとやっと「南十字星」を見つけることが出来た。

さて、初めて知った「ニセ十字」は、南十字星の右下に位置している。

南十字星が個々の明るさがバラバラであるのに対して、ニセ十字は全て二等星と明るさが揃っており、大きさ自体も南十字星より大きいこともあって、初見の人はこちらを南十字星と勘違いすることが多くこの名が付いているという。


久しぶりに南の空でゆっくりと夜空を眺めながら悠久の世界に浸っていたら、年末日経新聞に掲載された書評「ベテルギウスの超新星爆発:宇宙の運命に思い馳せる」を思い出し、帰国したらすぐ読んでみようと思った。


ベテルギウスの超新星爆発に関する話題は2010年1月10日付け朝日新聞に

「オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されている・・爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない!」

と言うようなセンセーショナル記事が掲載され又昨年1月に場合によっては2012年までに爆発が見られる可能性があるとの報告も出され、話題を呼んだのを記憶していたからだ。



前述の書評に

「最期の時を迎えると華々しく散る星がある。いわゆる超新星だ。
本書は、超新星について、一般向けに易しく書かれている。
一冊読めば、超新星について、ほとんど全てのことがわかるだろう。

題名にあるベテルギウスは、誰でも知っている冬の星座「オリオン」の一番星だ。

近い将来、超新星爆発により、ベテルギウスは、満月のような明るさとなり、やがて星空から消えてゆくと言われている(後略)。」

とある。


おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンとで冬の大三角を形作る、オリオン座のベテルギウスは赤色超巨星と呼ばれる巨大な星である。

全天で9番目に明るく、地球からの見かけの大きさ(視直径)が太陽に次いで2番目に大きい恒星である。

直径は太陽の1千倍で、質量は20倍、地球からの距離は640光年。

太陽系にあるとしたら、地球や火星はおろか木星までが覆われる大きさだ。

重たい星ほど寿命は短く、太陽は100億年、太陽の5倍の質量の星は約1億年、10倍であれば約2600万年。

太陽の8倍以上の質量を持つ星の多くは一生の最後に超新星爆発を起こすことが知られる。

太陽の20倍の質量を持つベテルギウスの一生は短い。

ベテルギウスの場合、星の一生の9割を占めるという水素をヘリウムに変える核融合の1000万年の時代は既に過ぎ、外層が膨らみ始め、赤く大きな赤色超巨星の時代にだいぶ以前に入っているという。

超新星までの数百年はどのような事が起こるのだろうか。

外から見た可視光での明るさは変わらないが中心部では劇的な変化が起こっている。
ヘリウム燃焼段階が終了し、炭素燃焼が開始した地点でのこり数百年、酸素とネオンの燃焼が1年くらい、最後のシリコン燃焼は数日で終了する。

鉄が分解され始めると数秒で超新星だ。
中心温度でヘリウム燃焼が2億度で、炭素燃焼が7億度、あとは終末に向かって急激に上昇し100億度に相当達すると言う。


超新星爆発の際のガンマ線放出については、近年恒星の自転軸から2°の範囲で指向性があることがわかっており、ベテルギウスの自転軸は地球から20°ずれており、ガンマ線バーストが直撃する心配は無いとされる。

超新星爆発した際の明るさについてかに星雲と同規模の爆発と仮定すると、地球からベテルギウスまでの距離は、かに星雲までの距離のほぼ1⁄10であるため明るさは100倍程度と概算できる。

これは半月よりも明るく、昼でも点光源で輝くことになる。

その後は中性子星またはブラックホールとなると考えられている。


ベテルギウスほど地球から近い距離で爆発するのは、前例のないことである。

今まで観測された7回の超新星爆発は、いずれも遠く離れた出来事であり、最も地球に近い爆発(かに星雲900年頃前)でも、ベテルギウスの10倍は離れていた。

今回の爆発は、あまりにも地球から近いため、この爆発が地球にどんな影響をもたらすのか、宇宙の誕生の疑問を解くためにも、戦々恐々としながらも、科学者達は興味津々なのである。



幾度の超新星爆発が我々を構成する元素を作り出したことを想うとなんと悠久で雄大なロマンを感じます。

是非一読を


「ベテルギウスの超新星爆発」 野本陽代著 幻冬舎刊 780円

イメージ 1
小惑星探査機「はやぶさ」が地球から約3億km離れた小惑星「イトカワ」に着陸して、
6月13深夜、オーストラリヤに実に60億キロに及ぶ7年間の旅を、満身創痍の状態で帰還した。

この「頑張る」姿は多くの人々に感動も与えた、大きな騒ぎにもなった。

しかし、大騒ぎするに充分値する内容なのだ。

太陽系の月以外の天体に着陸し、物質を持ち帰ったのは初めてだ。
小惑星は約46億年前の太陽系誕生の時の状態を今に残す。
世界の科学者がカプセルの中身に注目する。

はやぶさがもたらしたのは、それだけではない。

日本の宇宙開発予算は年間約2千億円。
米航空宇宙局(NASA)の10分の1。
はやぶさの開発は約130億円。

少ない予算の枠内で独創性のある新省力プラズマエンジンや、自力着陸制御など開発し、
随所に知恵を絞って、小さく軽く割安の探査機をつくりあげた。

停滞気味の日本のモノづくりの能力やチームワークが高く評価されたのだ。


さらに、 地球の兄弟星といわれる金星の気候を詳しく調べるための金星探査機「あかつき」が5月打ち上げられた。

金星の直径は地球の95%、重さも82%とほかの太陽系惑星に比べて共通点は多が、その地表は様変わりである。

高度60kmに白く輝く硫酸の雲。
大気は90気圧の濃い二酸化炭素で、温室効果のために460℃という灼熱の世界だ。
特に、金星全体を取り巻く時速360kmの暴風、スーパーローテーションは特異だ。

地球気象学の常識では、偏西風や貿易風といった大規模な風には惑星の自転がかかわっており、自転速度を超える風が広範囲で吹くことは考えにくい。

実際、地球の偏西風の速さは自転速度のせいぜい1割であるのに金星では60倍もの風速だ。
その発生原因は気象学的にも理由がつかず、金星最大の謎とされてきた。

このスーパーローテーションの原因を解析すれば地球の気象予報の精度向上や温暖化解明に大いに貢献できるのだ。

この「あかつき」にも世界に誇れる日本の技術が採用されている。

ひとつは、6月28日、新規に国内で開発された窒化珪素製セラミックスラスタの軌道制御エンジンの噴射を実施し、
世界初の軌道上実証に成功したことである。

もうひとつは「あかつき」と同時に打ち上げられた宇宙ヨット「イカロス」で、宇宙空間で大きな帆の展開に成功させ、
太陽光による加速の実証もし、6月末には太陽光の圧力を使った姿勢制御に世界で初めて成功したことだ。

帆に張り付けた液晶素子をブラインドのように使い、太陽光の反射具合を調整して受ける力を変えることによって実現した。

宇宙空間で14mもの大きな帆を広げて、太陽の光の圧力で加速する宇宙ヨットの構想は100年前からあったが、
各国が実験に失敗する中、日本の技術により、今回成功させた。

この成功により、将来の木星など遠い惑星の探査に利用できる道を作ったものと大いに評価されるものである。

さらにこのイカロスは巨大星の爆発を観測することにも成功している。

太陽の30倍くらいの重さの星が爆発するときに放出するガンマ線を、イカロスに搭載した検出器がとらえたのだ。

巨大星はガンマ線を放出(バースト)しブラックホールをつくりながら大爆発する。

今後、ガンマ線の中の特定成分を観測できれば世界初の成果となり、爆発のメカニズム解明にも役立つという。


このガンマ線のバーストについては最近大きな話題となっている本「宇宙から恐怖がやってくる」を想いおこす。

この本は、宇宙から地球に降りかかる9つの災厄を科学的に解説したものだ。

その9つとは

1.小惑星の衝突 
2.太陽フレア 
3.超新星 
4.ガンマ線バースト 
5.ブラックホール 
6.エイリアン襲来 
7.太陽の死 
8.銀河による破局 
9.宇宙の死だ。

もっとも起こる確率が高いのは小惑星の衝突で、平均寿命あたり70万の1の致死率だ。

これはアメリカ人がテロで死ぬ確率よりも高いという。

7、8、9は100%の確率で起こるのだが、最短でも数十億年先の現象である。

超新星の爆発による放射線の影響で死ぬ確率が1000万分の1、
ガンマ線バーストが原因で死ぬ確率は1400万分の1もあるという。
ブラックホールに遭遇して死ぬ確率は1兆分の1だ。
エイリアンは不明。


ガンマ線バースト(GRB)とはブラックホールの現象だ。
物質はブラックホールにどんどん吸い込まれていくが、そのうちに降着円盤という構造ができあがり、やがてビームを形成する。

太陽の10億倍のさらに10億倍のエネルギーが一気にビームに注ぎ込まれる。

このビームが地球を狙っていたら大変なことになる。
100光年先でこの現象が発生すると、地球は一瞬で跡形もなくなる。

夏の怪談ではないが、純科学的な話で、宇宙に関する出来事を大変面白く、分りやすく説明してくれている。
ぜひ一読ください。


「宇宙から恐怖がやってくる」フィリップ・プレイト著 
   NHK出版・2000円

イメージ 1
皆さんも覚えておられると思いますが、
ハイビジョン映像で映し出された「満地球の出」の目を見張る地球の美しさ。

この映像は日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2007年9月14日に打ち上げた月探査機「かぐや」が撮影したものです。

新潮社より、この「かぐや」の各種カメラが撮影した月の写真集が発刊され,正月購入していたものを遅らせながら読みました。


本を開いてまず感じたのは、黒を基調としたシックな装丁の中に、
月面の立体感をもった克明で繊細な写真が不断に掲載されており、
それらは、大小のクレーター、山脈、渓谷などが原始のままの峻麗な姿を浮かびあがらせている。

中でも吃驚するのは、書籍の冒頭に掲載されている、
月面から眺めた「満地球の出」の写真だ。

暗黒の宇宙の中に、くっきりと、明るく、神々しく、光り輝く地球の美しさに改めて感動する。

この一枚の写真を見ているだけで、地球の歴史や、未来、人々の生活そして、地球環境のことなどが次々と思い馳せてくる。


月周回衛星「かぐや」は高度約100kmの極・円軌道を周回する主衛星と、より高い楕円軌道を周回する2機の子衛星(「おきな」・「おうな」から構成されている。

「かぐや」には14種類の測定装置が搭載され、アポロ計画以来最大規模の本格的な月の探査を行ってきた。

「おきな」は2009年2月12日に月の裏側に落下し、裏側の重力場観測ミッションを完了させ、
「かぐや」も、2009年2月11日から低高度によりこれまで以上に詳細な月の観測運用を行い、
2009年6月11日に月に衝突寸前までの鮮明な映像配信しながら月の表側に制御落下をした。


ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を用いて月の観測を始めたのは1609年12月。

それから400年後の今、日本の「かぐや」が、月の神秘を解き明かそうとしている。

ガリレオのスケッチには、大小のクレーターが描かれ、山脈や平原が広がっていましたが、
その後の望遠鏡の発達によって、さらに小さなクレーターまで観測できるようになり、月面図が作成されるようになった。

しかし、それは、地球から見える月の表側の姿のみ。

裏側の様子については、20世紀後半のロケットを使った月探査の時代を待つことになる。

その始まりは、1959年、ソ連の月探査機「ルナ2号」の月への到達成功でした。

それ以降、数多くの探査機での観測、そし1969年7月には「アポロ11号」が初の有人着陸に成功し、
月の撮影や、観測機器の設置、岩石の収集などにより、
月が地球とほぼ同じ45億年前に誕生したらしいことがわかってきた。

しかし、依然として当時の観測機器や観測地域が一部に限られていたために、月がどのようにして誕生し、どのように進化してきたのか、といった謎を解くには至ってない。

「かぐや」は、月の上空約100キロメートルのところを回りながら、
月の南極も北極も含めて月のすべてを搭載されたレーザ高度計で観測し、
取得された677万地点のデータをもとに、高度誤差約4m(今までは数百m)という、精密な月の地形図が作成された。

この月全球の地形情報はこれからの科学ミッションにも不可欠な情報であり、又、

子衛星から得られる重力場データと合わせて、地殻の厚さの変化など月の内部構造の解明に、さらに、
「かぐや」の、物質の反射する波長を測定する装置により、月面上にどのような岩石がどう分布しているかが詳しくわかるようになり、
月がどのように進化してきたのかを解明する情報を得るのに利用でき、大いに期待されているわけである。

月は我々地球の唯一の衛星であり、最も近い天体である。
しかし、その起源は未だ不明確だ。

火星サイズの天体が原始地球に斜めに衝突して両方の物質が飛び散って出来たとする「ジャイアントインパクト説」、
月の表層数百kmを覆うマグマの海からマントルが形成されたとする「マグマオーシャン説」、
月が近くを通った時、地球の重力に捕らわれたという、「捕獲説」などが提唱されている。


月の起源と進化を解明することは容易ではない。

なぜなら、月形成初期のマグマオーシャン結晶化、引き続いて起きた火山活動、隕石衝突、軌道形状・自転公転周期変遷などの複合要素の総決算として、現在の複雑多様な月に至っているからだ。

月には、「巨大クレーター分布」「海の分布」「密度差」「地殻組成・厚さの相違」など、さまざまな二分性がある。

実はこれらの二分性を「かぐや」に搭載された複数機器のデータに基づく融合研究により紐解くことにより、
月の起源と進化の理解が飛躍的に進むことが期待できそうだという。

1.6トンばかりの小さな衛星がもたらす成果は計り知れない。


月の潮汐が地球の生命誕生にかかわったとされ、古来、月は夜と闇と神秘の支配者とみなされてきた。 

月の起源解明に期待するも、反面神秘な月のままでいて欲しい気もする。

今度ゆっくりと月を眺めてみよう!!


「月のかぐや」宇宙航空研究開発機構・編 新潮社刊 1300円

↑このページのトップヘ